Work

最近よく聞く『システムエンジニアリングサービス (SES)』とは?

最近よく『SES』という単語を耳にするようになりました。
なんのことかよくわからなかったので調べました。

システムエンジニアリングサービス (SES)とは

『SE』はシステムエンジニア。
『SES』は…システムエンジニアサポート…ではなく、システムエンジニアリングの略とのこと。

では、システムエンジニアリングとは、準委任契約、と同義とのこと。

派遣契約と同様に、成果物に責任をもたない(成果物ができたらコミッションを支払う、のではなく何時間働いたからコミッションを支払うというもの)。

異なる点は、指揮系統。SES(=準委任契約)での指揮系統はベンダー側、派遣契約ではクライアント側(=派遣先)。

「準」がつくSES契約(=準委任契約)と委任契約との違いはベンダー側が法律行為を行うかどうかという点。
法律行為を行う場合は委任契約。法律行為…SEには関係無さそうです。法律行為 – Wikipedia

SES企業は今後淘汰される

社員を客先常駐させ利益をあげている企業…正直多いです。
僕が新卒で入った会社はSES企業ですね。

株式会社アクシアさんのブログでも書かれていますが、SES企業は価値を産み出していません。
今後、価値を産まない企業は淘汰されていくでしょう。

IT業界の多重下請け構造とは何なのか – 株式会社アクシア
人売りIT派遣企業はそろそろ壊滅させてもいいと思う – 株式会社アクシア

SESを使っているフリーランスは今後どうすべき?

いろいろと微妙なSES。とはいえ、SESで収入を得ているフリーランスの方も多いです。

SESは悪い!全員、正社員になるべき!

というのは無茶かと。正社員が嫌でフリーランスになった方もいるしね。

では、どうしたらいいのか?

  1. 現状維持。SESを続ける
  2. 自社開発できるチーム、会社に入る
  3. 自社開発できるチーム、会社を立ち上げる

僕のビジョンでは『自社開発できるチーム、会社を立ち上げる』です。
僕が会社員のときに苦しめられた無駄な会議、無駄なルールを一切無しにして、伸び伸びと働けるようにする。

そのためにも、いい仕事してお金と信頼を増やしていきます。

まとめ

『SES』とは『準委任契約』のこと。

システムエンジニアは何の契約を顧客と結んでいるか、必ず確認したほうがいいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です