Work

深夜バイト体験記:お弁当製造工場でのお弁当詰め

24時間働けますか?副業として深夜バイトするのはおすすめしない

おすすめしないよ!

ということで、僕が経験してきた深夜バイトの体験をまとめます。

\お弁当詰めのバイト/

お弁当製造工場でのお弁当詰め

どういう仕事か

  1. お弁当の箱にごはんやおかずを乗せる
  2. お弁当箱はベルトコンベアで運ばれるのでスピードが求められる
  3. 大きいイベントが近くなるとお弁当の生産量が増え大変

調理は担当の方がつくっているので、料理が苦手な人でも問題なし。

どういう人が多いか

7割が女性。40代以上の方が多い印象。
3割が男性。ネパール人が多い。

繁忙期になると単発のバイトを多くいれるようで、社員やパートさんは新人さんが入って来ることに慣れている。

お弁当詰めの思い出

ひたすら人参。ときにはしいたけ。

ベルトコンベアの横に立ち、ひたすら担当のおかずをお弁当箱に乗せる作業。

人参担当ならひたすら人参。
しいたけ担当ならひたすらしいたけ。

見飽きるほどです(笑)

難しいのはいくらなど、いい感じに盛るのが難しい。
多すぎても少なすぎても駄目。

さらに難しいのはごはんを詰める作業。
美味しそうにふっくらつめる、それを高速でやる…無理無理。

ごはん休憩があった!(26時頃)

お弁当のおかず製造の余りなどがごはんタイムに用意された。

26時や27時に揚げ物やうどんなどを食べるのは…ちょっと辛いのであまり食べず。

生活リズムが逆転している人には嬉しいサービスかもね。

朝5時に突然キレる社員

比較的若い男性社員が突然キレたのにはびっくりした。

深夜に働き続けて精神がおかしくなってしまったのかな?と心配。

ベルトコンベアは男性の身長に対して低すぎる

腰が痛くなる。

身長174cmの僕ですら腰が痛くなるので、僕よりも背が高い人はお弁当詰めにくいと思う。

深夜バイトをする人の背景は様々

好奇心旺盛で一緒にバイトした人数人になぜ深夜バイトをしているのか聞いてみました。

僕のように会社の給料が少ないから働くという人もいれば、旦那の給料が少ないから働く主婦、昼間は日本語学校で学んでいるので深夜にしかバイトできないというネパール人、事業の赤字を少しでも埋めるために働く初老の男性。

深夜バイトをする人の背景は様々でした。

まとめ

市販のお弁当、今まで誰がどんな風に作ったかなんて想像したことが無かったのですが…
お弁当詰めのバイトを通じてお弁当の奥にはたくさんの人たちがいることを学べました。

バイトの辛さを思い出してしまうので、しばらくは市販のお弁当を買う気にはなれませんでしたが(笑)

これを読んで実際に深夜バイトしたい思ってしまったら…

兎にも角にも収入を増やさねば!と思ったら…

\ギガバイトで求人探しましょ!/


▼関連記事:これも精神修行に向いている

▼関連記事:肉体修行に向いている

▼関連記事:軽作業なので楽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です