Work

コミュ障だからシステムエンジニアになる…という選択はもう過去のもの。コミュ力大事!

人と話すのが苦手だから、パソコンと向き合うシステムエンジニアになりたい…と思ってシステムエンジニアになる人は時々います。

ITバブルの頃はコミュ力が無くても、技術力があれば問題無かったのかもしれません。

しかし、時代が変わり、人材募集の条件に「コミュニケーション力に問題ないこと」というのが目立つようになってきました。

どんな仕事でもコミュニケーション力が大事

実際、システムエンジニアはパソコンと向き合う時間は多いです。

ですが、一切コミュニケーションを取らずに仕事をするのは困難です。

例えば…

  • システムの仕様の確認
  • 実装で詰まったときの相談
  • お客様と要件定義

システムの先に「人」がいるし、一緒に仕事をするのも「人」です。

どんな仕事でもコミュニケーション力が大事。

実際、コミュニケーション力が残念な人と仕事をするとかなり大変です。

なので、みんなコミュニケーション力を鍛えてーーーー!

コミュニケーション力を鍛えるには?

場数が全て!!!

次のポイントを意識しながら場数を踏むといいですよ。

  1. 結論から話す
  2. 質問にちゃんと答える
  3. 相手に興味をもつ
  4. 「これを言ったら相手はどう感じるか」を考える

新人君のコミュニケーションを聞いていると気になることが多々あります。

「で?」

と聞き直したくなりますが、ぐっと我慢。

自分も上司に叱られて育った身。傲慢になるなかれ…!

場数を踏めばちゃんと成長します。

頑張れ新人君…!

みんなコミュニケーション力を指摘されてきて今があるんだよー(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です