WEBサイト制作

【今さら聞けない】https(SSL化)とは?導入のメリット・デメリットまとめ

WEBサイトをお持ちのみなさん、そのサイトはhttps(SSL化)していますか?
Chromeブラウザによる非SSLサイトの警告が2018年7月より開始しましたが、対応していますか?

分かるようで分からないサイトのhttps(SSL化)についてまとめました。

『SSL』とは

『SSL』とは、インターネット上におけるWEBブラウザとWEBサーバ間でのデータの通信を暗号化し、送受信させる仕組みのことです。

SSLは、これらの重要な情報を、悪意ある第三者による盗聴を防いだり、送信される重要な情報の改ざんを防ぐ役割を持っています。

『HTTPS』とは

『HTTPS』とは、WEB上でのやりとりを『SSL』によって暗号化された仕組みのことです。
SSLによって通信データは保護されているため、第三者が盗み見できないようになっています。

SSL化しているURLかは、URLの先頭が「https://」となっているかでわかります。
(「s」がついているのがポイント)

▼SSL化しているサイトのURL例

SSL化済みのサイトURL
SSL化しているサイトのURL例

▼SSL化していないサイトのURL例

SSL化していないサイトのURL例
SSL化していないサイトのURL例

▼このサイトへの接続の保護されていません、という警告が出る

SSL化していないサイトの警告
SSL化していないサイトの警告

SSL導入のメリット・デメリット

メリット

  1. サイトのセキュリティ強化(個人情報漏えい防止)
  2. サイトの信頼性アピール

デメリット

  1. SNS系ボタンのカウントが0になる
  2. 導入費用がかかる(かからないケースもある)
  3. HTMLやPHPのソースの修正が必要になる場合がある

昔はお問い合わせフォーム、申し込みフォームのように、WEB上でのやりとりが発生する画面だけをSSL化させていましたが、今ではサイト全体をSSL化することが主流となっています。

なので、サイトのトップページを開いたときに、SSL化していないと
「時流に合わせて更新していないサイトなのね」
「古いサイト」
とユーザが感じるかもしれません。

SSLの導入方法

WEBサイトでhttps(SSL化)を利用する場合、通信の暗号化に必要な鍵とWEBサイトの運営者の情報が含まれた「SSLサーバ証明書」を、サーバにインストールする必要があります。

こう言われると難しい感じがしますよね…

エックスサーバーですと、SSL化対応はすぐに行なえます。

かつ、無料で!

無料で!!

これから新しくサーバをレンタルするのであれば、エックスサーバーがおすすめですよ☆

ただ、XサーバでSSL化の設定が簡単とはいえ、サイト全体をすぐにSSL化できるのではなく、HTMLやPHPのソースの修正が必要となる場合が多いです。

「よくわからん!」という場合は、専門家に任せたほうが安全です。

\WEBサイトを作り直しが必要だし、SSL化したいぞ!と思った方はお気軽にご相談ください/

お問い合わせはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です