Blog

アイキャッチ画像の用意の仕方をお伝えします(Windows)

ブログの書き方を教えていると、アイキャッチが縦に潰れてしまっているケースがいくつかありました。

僕が現在アイキャッチ画像を用意の仕方を記載しました。

慣れるとすぐにできます。

アイキャッチ画像の準備に時間がかかる人の参考になれば幸いです。

アイキャッチ重要

Twitter、Facebookで記事をシェアするときに画像が設定されていると、画像つきでカードが表示されます。

タイトルだけでなく画像にも興味をもって読みたくなりますよね。

アイキャッチは記事が読まれるためにも必要な要素です。

▼坊主頭のアイキャッチがあることで記事に興味をもつ人が増えている(はず)

用意の仕方

※僕の作業環境はWindows10です。

1.画像を自前で用意、または無料素材を使用

自前で用意する場合

スマホ→Googleフォトにアップ→PCから撮影した画像をダウンロード。

無料素材を使用する場合

O-DAN(オーダン)でいい感じの画像を検索。

日本語でも検索できるけれど英単語で検索したほうが、意図した画像が見つかりやすい。

2.フリーソフト「PhotoScape」で加工

画像を加工するときにはフリーソフトの「PhotoScape」を使っています。

高度な加工には向かないけれど、サイズ変更などはこれで十分。
PhotoScape の評価・使い方 – フリーソフト100

画像のリサイズ

このブログ、KUNI.PROではアイキャッチのサイズは「850×480」に統一。16:9です。

まずは加工する画像を850~900ぐらいに縮小。

リサイズ

トリミング

PhotoScapeのいいところはトリミングの比率、サイズを指定できること。

ブログで使うサイズを指定し、いい感じにトリミングする。

トリミング

3.加工した画像を圧縮

画像はきれいなほうがいいが、容量が大きいとサイトで表示するときに時間がかかってしまいます。

人の目でわからない程度に画像を圧縮しましょう。

オンラインイメージ最適化ツール

4.ブログにアップ

加工した画像をブログにアップし、公開すれば完了です。

アイキャッチに文字を入れたり、もっとおしゃれにしたい場合は「Canva」というWEBサービスを使用します。

Canvaの説明はまた今度。

▼WEBサービスについてこちらも参考にどうぞ

【まとめ】ブログで使う画像に関するWEBサービス | KUNI.PRO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です